一般社団法人 世界美生アカデミー | 美生氣功ヒーリングアカデミー・セラピストの養成講座

03-6411-2865

一般社団法人
世界美生
アカデミー

Information 最新情報

2016年1月29日

美生氣功ヒーリング スタンダードコース募集

【あなたも大切な人を癒せます】
IMG_0791

現在ご好評いただいている美生氣功ヒーリングの無料動画レッスンですが、動画を見て

「美生氣功ヒーリングを習いたい!」

とご希望の方がたくさんいらっしゃいます。
どうもありがとうございます!

美生氣功ヒーリングの素晴らしいところは

【誰でも必ずできる】

ということです。

老若男女関係ありません。
あなたも【氣の出る手】になります!

2月は13日からスタンダードコースが始まります。

【これがチャンスをつかむ秘訣】
思ったらすぐ行動!
美生氣功ヒーリングを覚えて、あなたの新しい可能性を引き出しましょう!!


○定員
各クラス 8名まで

○レッスン日時
10:00~16:00 全2回10時間+3時間 実技体験

レッスン1 : 2月 13日(土)・3月2日(水)・4月3日(日)・5月18日(水)・6月4日(土)
レッスン2 : 2月 28日 (日)・3月26日(土)・4月20日(水)・5月29日(日)・6月15日(水)

レッスン1を最初に受けてください。
その後のレッスン2はご都合の良い日をお選びください。

○受講資格
初心者の方。技術経験のある方もスタンダードコースから受講してください。

○持参するもの
筆記用具・動きやすい服装(ミラクルエイトメソッドでは首にある甲状腺にアプローチしますので、首回りの広い上着を着て来てください・ズボン等)・フェイスタオル2枚・お弁当など(お昼休憩があります)

・ご家族の方にヒーリングをしてあげたい方
・手に職をつけたい方
・人の為に役立ちたい方
・今の手技にプラスアルファされたい方
・セルフケアを覚えたい方

「ぜひ参加したい!」
「興味あるな~」
というあなた。

今、この時がチャンスです。
ぜひご連絡くださいませ。

お問い合わせは下記の世界美生アカデミー宛メールにご連絡ください。
info@bishow-a.or.jp


<<美生氣功ヒーリングとは>>

美生氣功ヒーリングのミラクルエイトメソッドは
究極の緩和ケアが出来る手法です
本人の中から生命力を引き出すフェイス&ヘッドヒーリング。

皮膚の復元力の回復法をチャクラ、ツボ、経絡、神経、リンパ、血流、顔面筋肉などの
観点から統合的に編み出し、
肌はもとより自律神経、ホルモンのバランスも整えます。

神経疲労を改善し、体液循環をさせながら
脳波はシータ波 θ (瞑想状態)と ガンマ波 γ (明瞭状態)を同時に出させる究極の手技です。

2014年12月 インドで行われた「第8回アーユルヴェーダホリスティックヒーリング国際会議」に日本代表として出席し、「国際賞」を受賞。
世界5000年の伝統医学のドクターたちに認められたメソッドです。

インドのドクターたちも認めた治療効果が高い手法がスタンダードコースで取得できます。

たったの2日間で未経験の方も簡単に出来るようになります!
誰でも「 愛の癒し手」のゴットハンドになれます。

さらに詳しい内容は下記URLをクリックしてご覧になれます。
http://bishow-a.or.jp/cyfons/cf/c4yo64

2016年1月29日

1.2.3月の予定 (1月16日現在)

世界美生アカデミーの美生氣功レッスン・講座予定です。

1月
18日 アドバンス 3 9時~
23日 アドバンス 6
24日 スタンダード 2

2月

1日 アドバンス 4 9時~
4日 みどり会 9時半~
9日 アドバンス 1
13日 スタンダード 1
15日 アドバンス 5 9時~
26日 アドバンス 2
28日 スタンダード 2

3月
2日 スタンダード 1
3日 世界美生アカデミー1周年記念イベント
4日 アドバンス 5
5日 アドバンス 6
7日 アドバンス 6 9時~
26日 スタンダード 2

予定は変更になることもあります。
レッスンに参加希望の場合は下記メール宛かメッセンジャーにてご連絡ください。
info@bishow-a.or.jp

2016年1月20日

2015年3月3日、世界美生アカデミー設立。

2015年3月3日、世界美生アカデミー設立。
女の子の節句に歴史に名が残る法人の幕開けです。

2015年11月10日

第9回アーユルベーダ & ホリスティックヒーリング国際会議「国際賞」受賞

pg_news_201402_pインド / コラプールで行われた第9回アーユルベーダ & ホリスティックヒーリング国際会議にて、代表理事 庄子みどりが日本代表として「国際賞」を受賞致しました。